●BAR PRIMO インフォメーション

おはようございます。
無沙汰してますが、
お変わりございませんか?

バープリモも
ゴールドステッカー取得店となり、
ようやく大手を振って、
お酒を提供できることに…

営業再開というより、
リハビリ期間として、
一緒にお酒を飲んでほしい。
ただただお話がしたい…😅

「夕方6時から9時」
1000円(飲み放題)
よろしければお付き合いください。

………………………………………………

●BAR PRIMO インフォメーション

薄いグラスにかちわり氷。
サントリー角で作ったハイボール。

どこのバーでもほぼ変わらない味…

でも、ボクのお店のハイボールは、
不味いのです…😅

実は、カクテルも
まともに作れないんです。

娘に言われました。
「なんで?」

「ボクのお店では、ハイボール以外
のものを売ってるねん…

お客様もハイボールが
飲みたくて来るんやないみたい…(笑)」

この会話伝わりますか…😅

・・・・・・・・・・

堀江貴文氏
外食産業発展のヒントを
「FOODIT TOKYO」で語る。

時代の先を読む人たちが行き着いた、
究極の飲食店とは
「飲食店の究極の形はスナック」
という言葉にどよめく会場。

じつはスナックという業態に、
飲食店の本質が詰まっているという。

「飲食店の究極の形は何かというと、
コミュニケーションなんです。

キャバクラは色恋目当てだけど、
スナックへ通う人は
恋愛感情じゃなくて
人間としてママが好きなんです。

あるいは雰囲気が好きとか、
常連や仲間がいるから通うとか。

人に癒される場がスナックなので、
どんなにAIが発達しても、
無人スナックは成立しないんですよ」

酒を飲みながら仲間と語らい、
楽しいひと時を過ごす。

そのかけがえのない時間を
提供することこそが
飲食店の役割だという。

「スナックに行くとだいたい
乾き物のおつまみしか出てこないし、

『ラーメンが食べたかったら、
隣のお店から出前を取って』
というノリじゃないですか。

つまり、ご飯を作る部分は
全然飲食店の本質じゃないんです。

今はコンビニの冷凍食品のレベルが
すごく上がっているので、
それを買ってきてレンジで
チンするほうが

平均的な飲食店より
美味しいものが出せます。

スナックはお酒と
乾き物しかないから、
保管リスクや廃棄ロスがないし、
必要な設備は
せいぜいカラオケくらい。

だから誰でも開業できるし、
なくなりません。

なぜどんな田舎町でも
スナックが成立しているかというと、
究極の業態だからです。

僕たちはスナックに
学ばなければなりません」

・・・・・・・・・・

やっと時代が追いついたのか…(笑)

●インフォメーション

創業26年 bar primo (バープリモ)

飲み放題 3000円
(10月中は1000円)👌
お酒食材持ち込みOKの店。

高級なお酒はありませんが、
3000円以上頂きません。
(1000円以上いただきません)👍

シャンパン、ワイン、
おつまみなど持ち込んで、
誕生日パーティーを…♪

デパ地下、コンビニなどで食材をget
持ち込みでバーを楽しめるのも魅力!

カラオケの音響は大阪NO.2!!
自画自賛(^^♪
(ごめんなさい。カラオケは…)🙇

Barにピザやたこ焼きをデリバリー…
コンビニで買った
おつまみを持ち込んで宴会。

さらに、隣には業務用酒店があるので
シャンパンとワインを買って
コンパや誕生日会…

そんなバープリモならではの
遊びはいかが?

・・・・・・・・・・

「なあなあ、娘よ…

結局、ここのマスターに
もう一回会いたいな
そう思われたい…

そんなハイボールがある
お店でありたいねん😁」

アフターコロナ…
「10年後に無くなる仕事」の一覧には、
「コミュニケーションが絡む仕事は生き残る」
とあったのですが…

なにはともあれ、夕方6時から
一緒にコミュニケーションはいかがですか?

#サントリー角 #サントリー #suntory #日々の暮らし #ハイボール #飲食店 #飲み会 #バル #堀江貴文 #時代の先を読む #外食産業 #究極の飲食店 #スナック #バー #コミュニケーション #癒される #心斎橋 #大阪 #鰻谷 #バープリモ #バー #バル#アフターコロナ #ゴールドステッカー #スナック #舞台 #ラストオーダー