7つの習慣

おはようございます。

いきなりですが、皆さまには「座右の書」って、ありますか?

「座右の書」とは、人生に迷った時に立ち戻る原点のような本のことですが、僕にとっては「7つの習慣」がそれにあたります。

細かいことは、ハショリますが…この本は最高です。

☆☆☆☆☆

「自分の葬式で、周りの人に何と言って欲しいか?考えて脚本を見直す」

まずは、自分の葬式を想像する。

誰が参列していて、どんな言葉をかけて欲しいか考える。

その言葉こそが、自分の内面の奥深くにある、基本的な価値観。

そして、その価値観に基づいて、自分の脚本(これから送っていく人生)を見直していく。

自分の葬式で…

「でっかい豪邸に、いい車、いい女…あこがれてました。凄かったぞ。」

こんなこと言われたくないです…😅

「あなたがいたから、私はこんなに嬉しかった。」

できれば、そんな風に言われたいものです。

これこそが、人生の究極の最終目的なのかもしれません。

さらに、「7つの習慣」の基本原則の1つに「インサイド・アウト」というキーワードがあります。

「インサイド・アウト」とは…

自分の内側(考え方、人格など)を変えることから、取り組み始めるアプローチのことで…

良い夫婦関係を得たいなら、まず「良い伴侶」になる。

子どもに良い子に育ってほしいなら、まず「良い親」になる。

仕事で認められたければ、まず「良い従業員」になる。みたいな…

ガンジーの「見たいと思う世界の変化に、あなた自身がなりなさい」そんなことですかね😁

(中略)

いきなり、「まとめ」です…😅

「7つの習慣」は、テクニック論ではなく、根本的な生き方を見直すための方法が、非常に分かりやすく説明されています。

「自己啓発」と言われる領域を、簡潔に説明しきっている内容で、極論すれば自己啓発書は、これ一冊読んでおけば大丈夫なくらいです。

なんか、ガンジーにでもなったみたいに、調子にのって偉そうに書いちゃいましたけど、素敵な本です。
機会があれば、ゆっくり読んでみてください😁