斎藤一人シリーズ2

中卒だけど、事業でも、またサラリーマンとしての人生でも、成功する方法を知ってるんだよという斎藤一人さん。

その秘密は、「ツイてる」という言葉にあるそうなんです。

「ツイてる」という言葉には凄い力があるんだとか…

まずは、貴女はツイてる人?
そんなことを知ることができるお話です。↙️

例えば、あなたが朝、下駄を履いて出掛けようとしたら、プツンと鼻緒が切れたとする。

*あ、出掛けに鼻緒が切れるなんて縁起が悪いと、思っちゃうほうですか?

*それとも、ただ鼻緒が切れたんだと、寿命なんやね…
そんな風に考えれる人ですか?

*出掛けに鼻緒が切れてよかった、これ出先だったら酷い目に合ってたよ、と思える人でしょうか?

今風に言うと、
家から出がけに、ストッキングが伝線した…「なんで今なん?朝からツイてない」と思っちゃう人=ツイてない人。

「寿命だったんだ」と考える人は=普通の人。

「ああ今、破れてよかった。出先だったら大変だった。ツイてる」と思える人は=ツイてる人。

そんな感じなんでしょうか…😅

そんなただの「ツイてる」「ツイてない」という言葉1つなんですが、

テレビやラジオのチャンネルを周波数に合わせるように、

知らぬ間に、ツイてるチャンネル、ツイてないチャンネル、それぞれの周波数に合わせることになり、

「ツイてるよ」という言葉と同時に、この人ンとこだ~つって、ダ~ッとツイてる波動が流れるそうです。

さらに、ツイてるんだと、無理やり思い込むのではなく、ただただ口癖にするだけで、ツイてる現象を引き寄せるという😉

ウソみたいな話ですが、「ツイてる」「ツイてる」ってこの言葉は、ホントに魔法の言葉だと感じます。

なぜなら、時計の針がチクタク、チクタクではなく、ツイテル、ツイテルと聞こえるようになってから、絶好調なのです😁

斎藤一人さん。銀座まるかんの創業者で、全国高額納税者番付の10位以内に13年連続で入った人。

一人さんの本は、多少宗教臭がするので、苦手な人もいるかと思いますが、ボクには大好物です。

ボクも大阪ミナミの斉藤一人を目指します😁

このシリーズもう少しお付き合いください。

では、今夜は空を見上げて、先人が愛した十三夜の月を楽しんでみてはいかがでしょうか…(*^^*)