一寸先は光


「一寸先は闇」ということわざがある。

このことわざは、江戸時代に生まれたものらしい。

当時はもちろん、街灯もなく、暗い夜道を歩くと一寸(約3センチメートル)先は暗くて見えない。

そんなところから、少し先は予測がつかないというたとえであったようだ。

物事が順調にいっていても、その先はすぐどうなるか分からない…大きな闇が待っているかもしれない。

ゆえに注意を怠らないようにという…戒めの意味が込められていることわざなんだと…

*それに対して「一寸先は光」

これは、今、闇に包まれているとしても、すぐ先には明るい光がある。希望が待っているとする言葉のようだ。

苦難や不幸の闇にうずくまっている時、いつまで続くのだろう?

本当に抜け出す時が来るのだろうかと不安に苛まされる時がある。

そんな時に、すぐ先に光があり、歩みだせばその光の中に身を置くことができる。

そんな希望があれば、自分を奮い立たせ、勇気を持って一歩を踏み出せるのではないだろうか。

「一寸先は光」この時期にぴったりの言葉。

今、苦しみや困難に出会い、闇に包まれる時であっても、

この年末にかけて、明るい光、希望がすぐ先にあることを信じて、前に向いて歩んでいきたいと思います。

PS.
一寸先は光だ( ̄□ ̄;)!!

「一寸先は闇だ」と言う人がいます。
そういう人の明日には、必ず「イヤなこと」が起こるようです。

「一寸先は光だ」と言う人には、次から次へと良いことが…

どうせ言うなら、やっぱり「一寸先は光」でしょう😁
では、素敵な週末を…(*^^*)