「無頼」

昨日、足が悪くて外出を嫌がる83歳の母が、どうしてもと言うので、久しぶりに映画に…

また、それを聞いて娘は泣くんです…😅

あまり、娘のことに触れないことにしているのですが、今回だけは、親バカ…いや、バカ親のインスタ投稿にお付き合いください😁

◎日刊スポーツより↙️

井筒和幸監督(68)が19日、大阪市内で公開中の8年ぶりの新作映画「無頼」の舞台あいさつに登壇した。

昭和のアウトローが主人公。極貧の中、道を外れるしか生きるすべがなかった井藤正治をEXILE松本利夫(45)が演じる。正治の人生を支えた妻佳奈を女優柳ゆり菜(26)が紅一点で演じている。

マスク姿で登場した井筒監督は「これ、苦しいな~。ほんと、息苦しいな」と苦笑い。

同作は社会から頭を抑えつけられ、貧困や出自ゆえに社会からあぶれた者たちが織りなす群像活劇。

146分の中には物事の核心を突く、地べたを這う者たちの「生きた言葉」が散りばめられている。

「コロナでふさぎ込んだ時代になっている。欲を出して生きるはずの人生が、欲望を抑え込まれる時代になってしまっている。コロナの気晴らし、何の気晴らしでもいい」。社会情勢に苦言を呈しながら、映画をPRした。

主演の松本と大阪出身の柳について「松っちゃは昭和顔だから選んだけど、彼女(柳は)風格ときっぷで選んだ。組を預かる姉さん役は東京の女優さんではなかなかいない」と絶賛した。
井筒作品をステップのメジャーになった女優や俳優も多い。

井筒監督は「彼女(柳)は出てくると思います。僕は送り出す役、送り出し製造人だからね。悪いヤツもいっぱいいましたけど。まあ、いいや」と井筒節をさく裂させ、会場を笑わせた。

(日刊スポーツ)

「無頼」(ぶらい)とは「正業をもたないこと、そのような人」

決まった職業に付かず、無法で勝手な行いをすること、またそのような様子や人のこと。(デジタル辞書)

「無法者」や「手に負えない人」素行が良好ではなく、破天荒であるイメージが強いのが「無頼」なんですね。そんな柳親子にピッタリです😁

映画内容には触れませんが、この親にこの子あり…そんな無頼な娘を応援してやってください😃

#映画 #映画好き #映画鑑賞 #コロナに負けるな #映画好きの人と繋がりたい #井筒和幸 #井筒監督 #無頼 #松本利夫 #女優 #モデル #俳優 #役者 #女優志望 #タレント #柳ゆり菜 #大阪 #音楽好きと繋がりたい #三代目jsoulbrothers