「人間万事塞翁が馬」

『人間万事塞翁が馬』

「チャンスの後にピンチあり、ピンチの後にチャンスあり」

辛い事や悲しい事があったら、「人間万事塞翁が馬」という諺を思い出して…😄

………………………

国境のほとりにとある老子が住んでいた。

老子が飼っていた馬は、敵の国に逃げ出してしまう。

周囲の人々は老子を気の毒に思い慰めるが、

老子は「これが不幸とは限らない」と言った。

月日が流れた頃、なんとその馬は名馬を連れて帰ってきたのだ。

今度は周囲が老子を祝福すると、「これが幸せとは限らない」と言うのである。

すると、老子の息子は名馬から落馬してしまい、足が不自由になってしまった。

これにも対しても老子は「これが不幸とは限らない」とほほえむ。

その一年後、敵国が突然攻めてきて、若い男性は徴兵され多くの方が亡くなってしまった。

しかし、老子の息子は足が不自由であるため徴兵を免れ、戦乱に巻き込まずに済んだのであった。

………………………

「人間万事塞翁が馬」

”何が幸福で何が不幸かは最後まで分からない”

人生は最後まで分からないのですね。

短期的な視点で物事をとらえるんじゃなくて、長期的な視野で考えることの大切さを教えてくれる諺。

「良いことも悪いことも予期できないから、その出来事に振り回されてはいけない」、

「悪いことが続いても今度は良い事があるかもしれないから落ち込む必要はない」

といった意味合いで捉えると、座右の銘にもぴったりの言葉。

新型コロナウイルスの感染拡大…こんなピンチの時こそ、「人間万事塞翁が馬」の考え方が求められるんですかね。

さあ、雨でも気分は晴れ☀️

ピチピチチャプチャプ
ランランラン🎶

ピンチピンチ、
チャンスチャンス、
ランランラン~🎵

#人間万事塞翁が馬 #ピンチの後にチャンスあり #チャンスの後にピンチあり#お洒好きさんと繋がりたい#バー好きさんと繋がりたい#カラオケ好きさんと繋がりたい#大阪好きさんと繋がりたい#心斎橋好きさんと繋がりた#ファッション好きさんと繋がりたい#ミナミ好きさんと繋がりたい#カラオケバー好きさんと繋がりたい#猫好きさんと繋がりたい#ネコ好きさんと繋がりたい#音楽好きさんと繋がりたい#写真好きさんと繋がりたい#海好きさんと繋がりたい